【PR】

QuQuMo
「お持ちの請求書」を最短2時間でスピーディに現金化する売掛金買取サービスです
他社で断られた経験のある方も1度ご相談ください!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


QuQuMo(ククモ)


メンターキャピタル
赤字・債務超過・個人事業・税金滞納でもOK!・審査通過率92%
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


メンターキャピタル


CoolPay(クールペイ)
請求書・通帳をカメラで撮影して送るだけ!!お手元の法人宛の請求書を最短60分で現金化できます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


CoolPay(クールペイ)


チョウタツ王
30万円〜最大1億円まで対応!
売掛金の売却査定を複数企業へ一括見積もり出来る一括査定サービスです!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


チョウタツ王


資金調達プロ
10秒で完了!カンタン無料診断で、今いくら資金調達できるかすぐに分かる無料診断フォームを公開中です!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


資金調達プロ






【PR】


来店不要で原則無担保無保証
即日ご融資可能な
事業者向けビジネスローン

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


AGビジネスサポート



GMOあおぞらネット銀行の
融資枠型ビジネスローン
【あんしんワイド】

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

あんしんワイド

 

最大1億円まで融資可能!
審査は最短60分
来店不要で全国即日OK

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アクトウィル

 

他社で借り入れ中でもご利用OK
最短即日でのお振込
大口の融資可能

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ファンドワン

 

高校生2人死亡事故13年 飲酒運転根絶へ切り札

福岡県粕屋町で飲酒運転の車にはねられ、高校生2人が犠牲になった事故から、先週、13年が経ちました。

飲酒運転の撲滅へ、懸命な活動が続いています。

今月、大牟田市で行われた、緊急検問。

飲酒運転の車がバイクと衝突し死亡事故が起きたばかりの「現場」です。

同じ場所で、飲酒運転による、検挙者が出ました。

山本美也子さんは、「これ以上悲しい事故が起きないように、ずっと前だけを向いて走ってきた、そんな13年間でした」と振り返りました。

息子を奪われた、思い。

伝え続けて13年が経ちました。

山本美也子さんの息子、寛大さんは、2011年2月9日、福岡県粕屋町で同級生とともに、飲酒運転の車にはねられ、命を奪われました。

「うちは4人家族でしたけど4人分作ったご飯が1人分余る、洗濯物を干してもなんか物足りない、とにかく毎日泣いて暮らしていました」

美也子さんは、講演やチラシ配りなど、飲酒運転根絶を目指す活動の先頭に立ってきました。

2人の命が奪われた現場近くの駕与丁公園に立つ2本の月桂樹。

2人が生きた証として同じ高校の同級生が植えました。

「毎年見るたびにちょっとずつ大きくなって、ここには命が宿っているんだなという気がしています」

福岡県警によると、飲酒運転による事故は、2006年の「海の中道大橋」や、2011年の「粕屋町」での死亡事故以降、数は少しずつ減っていますが、死者数は横ばいです。

2週間前には、大牟田市で飲酒運転の軽自動車が原付きバイクと衝突。

バイクの高校生が死亡しました。

そして、事故の4日後、同じ現場で行われた緊急検問では、軽自動車の男性運転手から基準値を上回るアルコールを検出。

「びっくりしたと同時に13年前にあっという間にフラッシュバックしてしまって、とにかく涙が止まらなかったです」

月桂樹の前でインタビューをしていた、そのとき。

井上保孝さんと郁美さん夫妻は、1999年、東名高速道路で飲酒運転のトラックに追突され、乗っていた車が炎上。

幼い娘2人の命を奪われました。

美也子さんや井上さん夫妻は先週、粕屋町の事故から13年を迎えるのを前に、飲酒運転根絶を訴えるシンポジウムに登壇。

飲酒運転を物理的に阻止する「切り札」としてある装置の普及を訴えました。

井上郁美さんは、「機械に頼るというのが正直悔しかったんですね。」「だけどおまわりさんの代わりに車を動かないようにさせてくれるというテクノロジーを私たちも認めざるを得ないな、という状況」と胸の内を明かしました。

その装置とは、アルコールインタロックといいます。

◆中野快紀記者「この装置に息を吹きかけ、アルコールが検出されると、エンジンがかからない仕組みになっています。」

飲酒運転を物理的に防ぐ対策として、欧米の一部などでは飲酒運転違反者の車への設置が義務付けられています。

日本でも2010年に常習的な飲酒運転者への対策として導入が検討されましたが…。

福岡大学の小佐井良太教授は、「最終的になぜか見送るという結論になってしまった」「改めて、今の段階で活用を考えていい」と訴えます。

現在、国内で製造・販売を行うメーカーはただ一つ。

事業用のトラックには国やトラック協会の補助も出ます。

およそ3200台が取り付けていますが、国内のトラックは1400万台以上。

途方もない開きです。

東海電子の上野誠さんは、「どうしても一般車向けというところには、価格的なところも20万近くかかってしまいますので、少し知名度的には落ちる」と解説しました。

2021年に千葉県八街市で起きた、飲酒運転のトラックによる死亡事故をきっかけに、一般からの問い合わせも増えているといいますが、普及には程遠い状況です。

山本美也子さんは、「どんなに罰則ができても、物理的なたくさんのものが飲酒運転の抑止になっても、それを使うのは人間。だからこそ、人間が自分自身への思いやりと他人への思いやりがなければ、いろいろな事件事故はなくならない。正しい判断をしてくれる機械を取り付けるということは、ある意味思いやりだなと思います」と話しました。

◆アルコールインターロックに関して◆

・導入費用は工事費を含めて約20万円

・維持コストとして年およそ2万円必要

・設置にかかる時間は2〜3時間。日帰り車検くらいのイメージ

タイトルとURLをコピーしました