【全部空き家 家賃400円のマンション】現在も入居募集中 池島炭鉱 松島炭鉱 大島炭鉱

#gopro #解説 #雑学 #歴史 #車載動画 #ドローン #空撮 #廃墟 #炭鉱
紹介したお店:海鮮丼専門店 さかな屋

<参考文献、引用画像>
・池島炭鉱離職者及び家族の就労・生活実態に関する調査分析 : 閉山2年を経て
・炭鉱開発と地域社会の変容に関する調査研究 : 長崎県池島の事例 掲載誌 旭硝子財団助成研究成果報告 p.1-8
・島で最後のヤマ–池島炭鉱が閉山した日 掲載誌 しま 日本離島センター広報課 編 47(3) (通号 188) 2002.2 p.10~22,3~6
・日本離島センター 季刊しま No248 2017/1 閉山一五年―産業遺産の島から
・角川日本地名大辞典 42長崎県 p.112-113池島、池島郷、池島港、池島炭鉱の項、p.1302-1306
・日本歴史地名大系 43 長崎県の地名 2001 p.282
・外海町誌 1974 p523-547、p.355-360、p.503他
・池島全景 2017.5 千葉県西部
・五十年史 松島炭鉱 1962年
・郷土誌神浦村 1963年 p.14-15、p.165-166
・樂 2012 Spring vol.15 イーズワークス p.106-111「四季を旅する≪春≫国内屈指の近代化遺産を巡る ふたたび輝き始めた池島」
・石川島播磨技報 1967-09 松島炭鉱株式会社池島鉱業所2650t/d海水淡水化装置の概要
・動力 48(251) 1999-03 池島炭鉱の排熱利用コージェネレーションシステムの長期運転実績
・造水技術 1979/4 わが国最初の大型造水プラントを訪ねて
・時事通信 時事解説版 昭和42年5月29日 海水から すまい飲み水 熱源を発電にも利用
・世界 2002/4 ヤマの火が消え、怒りの火が着いた
・人間環境論集 2012/2 長崎県池島における炭鉱開発と住民の対応
・Wikipedia「池島炭鉱、三井松島ホールディングス、松島 (長崎県)」
・池島炭鉱の盛衰にみる戦後日本の経済発展と地域社会 – KAKEN
・探検コム 戦後「石炭」歴史 長崎・池島炭鉱に行ってみた 戦後の「石炭政策」60年史
・三井松島ホールディングス株式会社
・石炭鉱業合理化臨時措置法の成立 – 敬和学園大学
・コトバンク 電産炭労スト
・津軽軽便写真館 大島炭鉱跡+崎戸炭鉱跡 の トロッコ線路
■産経新聞 九州の礎を築いた群像 三井松島産業編
・(1)探査
・(2)豪州進出
・(3)閉山
・(4)再建
・(5)創業100年
・(6)創業
・(7)総合商社へ
・(8)技術提供
・(9)技術移転
■朝日新聞
1986/05/22持続可能は3炭鉱 藤尾政調会長「閉山やむなし」
1991/05/22九州の2炭鉱、存続かけ多角化へ コスト削減も課題 
1991/06/04「生産維持に展望」 新石炭政策答申案で通産省が説明会 
1991/06/08数年後の「安楽死」暗示 地元、深刻に受け止め 石炭審答申
1991/06/08石炭存続に向け努力 石炭審答申でヤマ元の知事ら語る
1991/07/12渡辺公弘さん・三井松島産業 多角化に力(91新社長)
1992/08/21残る5炭鉱の存続案が課題 輸入炭の安定供給確保も 芦別鉱閉山
1995/08/22国内炭引き取り、電力会社が渋る 炭鉱の円滑閉山へ揺らぐシナリオ
1995/08/25多河喜史氏・三井松島産業 炭鉱存続へ多角化急ぐ(95新社長)
1995/09/26石炭不振で多角化、不動産協会に参入 三井松島産業 
1995/12/07池島鉱が生産停止 先月末に出水、採炭場が水没
1995/12/07町・従業員ら死活問題 遅れる復旧に広がる不安 池島鉱出水
1995/12/08懸命の排水作業続く 作業員が3交代で 松島炭鉱池島鉱業所
1995/12/17 20日ぶりヤマに活気戻る 池島鉱の採炭再開
1995/12/17なお厳しい環境 炭価下げ圧力必至 池島鉱の採炭復活 
1996/05/14炭価5年連続据え置き 電力事業、下げ要望 石鉱審答申 
1996/09/17 2001年の影(ルポ・三つのヤマ:上)
1996/10/23国内炭維持に限界 電力業界が協力渋る 三井三池鉱、閉山へ
1996/10/23国、延命中止に傾く 三井石炭鉱業三池鉱業所閉山へ 
1997/03/19閉山協定書に調印 三井石炭鉱業と3労組 
1997/03/29沈む巨艦 国策とともに盛衰(三池閉山が語るもの:下)
1997/03/31国内最大の炭鉱、三井三池鉱業所が閉山 
1997/03/31残る池島礦・太平洋炭礦の2礦、合理化にかける 三池鉱閉山
1998/11/03「事業革新法」適用、池島炭鉱の新設備承認 九州通産局 
1998/12/04松島炭鉱が96人採用 月末までに 
1999/01/26国内炭鉱、存廃論議ヤマ場 負担重い電力事業 石鉱審が再開
1999/05/22国内2炭鉱、存続を 通産省意向 電力業界、引き取り継続に反発
1999/06/20国内2炭鉱、2002年度以降も存続へ 電力業界、負担継続
1999/06/24「延命」池島炭坑、ゆらぐ将来 採炭現場ルポ 
1999/07/01国内引き取り、5年間継続を通産省要請へ 
1999/07/02妥協の末、延命 国内2炭鉱、2002年度以降も存続(時時刻刻)
1999/07/02「前進」でも消えぬ不安 見えぬ期限の後 池島鉱存続へ 
1999/07/23 2006年度までに2炭鉱支援 電力業界、合理化条件に 
1999/07/24電力業界炭鉱支援、「筋通らぬ」不満残す 国策背負い、自由化逆行
1999/08/10国が坑道借り上げへ 「研修用」年30億円の使用料 炭鉱支援
1999/08/10延命策、国民につけ 石炭鉱業答申まとめ 
2000/02/15池島炭鉱で火災 消化難航、減産の恐れ  
2000/02/16池島鉱火災、鎮火へ 操業再開のめど立たず  
2000/02/29池島炭鉱に広がる傷跡 坑内火災で操業停止2週間 
2000/04/14池島鉱火災、月内にも鎮火確認 九州鉱山保安監査部 
2000/04/25・池島鉱、火災後に違法操作 2年前には事故報告怠る
2000/04/26九州鉱山保安監査部、池島鉱に文書戒告 
2000/05/10池島鉱の再開了承 多河社長は辞任へ 九州鉱山保安監査部
2000/05/10信頼回復、前途険しく 経営面にも打撃 池島鉱再開へ 
2000/06/08火災事故で連続赤字 松島炭鉱、操業停止で出炭量減 
2000/08/03松島炭鉱の経営に影響も 雇用助成金、労働省が廃止の方針
2000/09/21最後の炭鉱 海の下、過酷な闇と闘う男たち(大地伝承) /北海道
2001/08/17ベトナムの技術者、・池島鉱で研修用へ 20日から 
2001/08/22「炭鉱技術を学びたい」 ベトナムの研修生、釧路に到着 /北海道
2001/10/03松島炭鉱池島鉱に海外研修生第一陣が到着 ベトナムの熟練工/
2001/10/05「予感した」従業員淡々 池島鉱閉山へ 
2001/10/13九州の炭鉱終幕 池島鉱閉山へ 
2001/10/13長崎の池島炭鉱、11月29日閉山を提案(情報ファイル)
2001/10/13松島炭鉱・三井松島産業社長(聞く けいざい@福岡)
2001/10/13「閉山後」手つかず 従業員「三池と大違い」 池島炭鉱
2001/10/17条件に不満・怒り 池島鉱閉山提案で初の労組代議員会
2001/10/26加給金増を要求 労組が条件を会社に提案へ 池島炭鉱
2001/10/27労組要求案に不満続出 池島炭鉱閉山巡り組合員説明会
2001/11/01賃金カット復元など要求 池島炭鉱の閉山交渉で労組
2001/11/10賃金カットへの補てん回答せず 池島炭鉱労使交渉
2001/11/15池島鉱、閉山交渉が決着
2001/11/15慰労金の平均、1人35万円に 池島炭鉱閉山
2001/11/19池島鉱閉山、労使が調印 出席者は終始無言、握手なく 
2001/11/19の池島炭鉱、閉山が確定
2001/11/19再就職・転居先は ヤマの男ら、視線は先に 池島閉山調印
2001/11/20前向いてがんばらねば(消えゆく炭鉱 池島24時:中)
2001/11/30再就職、厳しい現実 希望とずれ目立つ 池島炭鉱閉山 
2002/04/18閉山の池島炭鉱で技術移転事業が開講 ベトナムから8人研修
2002/05/25閉山交付金、約42億円に 池島炭鉱 
2006/03/21三井松島、30億円支払い 和解成立、対象264人 じん肺訴訟 
2020/11/11石炭の採掘会社が「脱石炭」 ストロー・ペットフード・・・異色のM&A
■日経新聞
・第2の軍艦島、刻まれた国内炭敗北の記憶 池島炭鉱跡 九州エネルギー行~写真で見る現場
・2002/3/4 池島炭鉱元従業員ら4社提訴
・2005/9/15 西日本じん肺訴訟、国、和解を表明
・2006/3/21 三井松島、じん肺訴訟和解
・2018/11/9 三井松島、石炭生産から撤退 2040年代にも
・2018/11/10 三井松島、M&A強化、石炭生産2040年代にも撤退
・三井松島HD、石炭事業終了へ 豪州当局が鉱区延長否認
・1981/10/13 石炭復活にわく炭鉱の島、長崎県池島―豊かで明るい ミニ都市
・1983/9/10 原料炭の需要低迷、湿る九州の石炭業界―一般炭に妙味なく、輸入攻勢に音を上げる。
・1984/2/10 石炭業界に底冷えの冬―58年産は九州700万t割れ、石油より優位危うく。
・1986/6/26 決断迫られる九州炭鉱(下)近づく石炭審8次答申―優良炭もあげ底
・1986/10/3 生き残れるか国内炭、難航する第八時石炭政策―鉄鋼の譲歩がカギ
・1986/11/13 第8次政策答申原案、国内炭、段階撤退をー「1000トン」へ政府支援
・1997/2/18 三井三池炭鉱、120年の歴史に幕―累積730億円。「操業困難」。
・1998/12/3 松島炭鉱。炭鉱作業員100人採用―新坑道向け、年末までに。
・199/4/13 三井松島・松島炭鉱、社員給与を大幅削減、10-30%―役員は30-40%
・1999/6/5 松島炭鉱、3期ぶり赤字―国内炭価格、海外の3倍、問われる存在意義(解説)
・2023/5/19 M&A、ニッチトップ狙う 三井松島HD、110年の石炭事業に幕 事業投資会社へ脱皮

<引用画像>
・Muyo – 投稿者自身による著作物, CC 表示-継承 3.0, による
・Jordy Meow – 投稿者自身による著作物, CC 表示 3.0, による
・アトリエ隼 仕事日記 松島炭鉱大島鉱業所跡 ~ その①鉱業所

<ご協力いただいた図書館、役所、施設>
池島炭鉱体験(ツアーに参加)、県立図書館、市立図書館
■池島炭鉱体験 

タイトルとURLをコピーしました